秋深し

屋形船の水道蛇口に!

写真の整理をしていたら、こんな小さなバッタを写してありました。

このバッタ、2週間ほど前に、屋形船のそうじをしてたら、水道蛇口にちょこんと乗っていたのです。

もう少しで握りつぶしてしまうところでした。

朝晩の気温がだいぶ下がるようになってきました。

あれだけ賑やかだった虫の鳴き声も、かすかに聞こえるほどで...。

『秋深し...』ですね。

カテゴリー: 自然 パーマリンク

秋深し への2件のフィードバック

  1. 見習い3号 のコメント:

    あんだけ、、、
    「あれだけ」の意味ですよね?(@-@)?
    揚げ足を取ったのは女将さんです。
    私、見習いの身分で口が裂けても
    そのような指摘など、、、後が怖いですから。
    このバッタ、触角が一本でしたよ。
    珍しいバッタでしたね。

  2. admin のコメント:

    揚げ足とりにつつかれて
    触覚が1本になってしまったのでは...。
    なんて言ってないですぐご指摘の通り訂正いたします!