隅田川橋巡り

新大橋

 新大橋

松尾芭蕉の句

 俳人松尾芭蕉は延宝8年(1680)日本橋から深川に移り、新大橋の東詰地点から南へ200mほどのところに住んでいた。目と鼻の先に新しい橋ができることになったわけで、橋の建設当時、
「初雪や かけかかりたる 橋の上」(完成直前)
「ありがたや いただいて踏む はしの霜」(完成直後)の2句を残している。

お助け橋
明治時代、新政府よってかけられた鉄橋は、震災・戦災に耐え、関東大震災の時はたくさんの人がこの橋に避難して助かっており、お助け橋と呼ばれました

  ライトアップ新大橋

清洲橋

清洲橋

清洲橋・ケルンの眺め

清洲橋

 

 

 

場所

中央区日本橋中州-江東区清澄1丁目

長さ

186.2

22

形式

吊り橋

最初の架橋

1928年(昭和3年)

現在の架橋

1928年(昭和3年)

 

 

永代橋

 

 永代橋   ライトアップ・永代橋

   

桜咲く永代橋   夕焼けと永代橋

場所

中央区新川1丁目-江東区永代1丁目・佐賀1丁目

長さ

184.7

22

形式

下路式アーチ橋

最初の架橋

1698年(元禄11年)

現在の架橋

1926年(大正15年)(昭和元年)

 

中央大橋

 中央大橋

場所

中央区新川-佃島

長さ

215.0

25

形式

鋼斜張橋

最初の架橋

1993年(平成5年)

現在の架橋

1993年(平成5年)

 

佃大橋

 

 

場所

中央区明石町-月島へ都道304号線

長さ

576.3

25.2

形式

三径間連続鋼床桁橋

最初の架橋

1964年(昭和39年)

現在の架橋

1964年(昭和39年)

 

勝鬨橋

 

勝鬨橋

 

ライトアップ・勝鬨橋

 

場所

中央区築地6丁目-勝どき1丁目

長さ

246

22

形式

 

最初の架橋

1940年(昭和15年)

現在の架橋

1940年(昭和15年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です