今年頂いた年賀状の一枚に、

毛筆で迎春節「春節を迎う」と書かれたものがありました。

春の季節を迎える喜びを表し、冬の寒さが厳しければ厳しいほど

春の到来はうれしく待ち遠しいという意だそうです。

小寒を過ぎて暖かく3月の陽気だと、外仕事ははかどりますがなんだか少し心配です。

今年こそ、雪景色の屋形船を写したいと待ち構えている船宿内田のIT室長は、

早くも花粉症かクシャミ連発です!!!

今週末の成人の日は生憎の荒れ模様で、なかなか都合のいいようにはなりませんね。