大横川遊歩道のあじさい♪

《五月晴れ》というと

昭和以前は旧暦5月の梅雨の時期の晴れ間という意味合いで使われていたそうですが、

近頃は、新暦5月のよく晴れた天気のことで使われ時代とともに言葉のもつ意味も変わっていく代表例とでていました。

牡丹町公園の緑鮮やか!

お使いの途中牡丹町公園をのぞくと、

梅雨の晴れ間に、お散歩姿が多く見られました♪

船を台に乗せ清掃、ペンキ塗りの作業

そんなお天気と潮位を見極めながら

親方とスタッフは、屋形船や警戒船を台に揚げ、

船底のフジツボ(通称?セッコロ)を落とし

ペンキ塗りや、プロペラ交換の作業をしております。

数日後には、べっぴんさんになった屋形船を写したいと思ってます♪