第61回東京みなと祭 が24日(土)・25日(日)に晴海会場と臨海副都心会場を中心に開催します

1 世界最大級の帆船が帆を張った姿が間近に見られます!
 帆船「日本丸」に乗る訓練生が、約50メートルの高さのマストに登って帆を張る実演を行います!
 ⇒25日(日)13時00分から

2 船内での撮影も可!珍しい5隻の船を一般公開!
 帆船「日本丸」、日本で唯一のバケット式浚渫船「雲取」、海上での実習や調査で活躍する「海鷹丸」、海の深さなどを測る測量船「海洋」、消防艇「みやこどり」の5隻が会場に集結!
 ⇒両日とも公開(みやこどりは24日のみ、海洋は25日のみ)

3 マイナス20度の世界を体感!
 東京港では、おなじみのコンテナ。でも、コンテナの中を体験できることはそうそうありません。
 みなと祭では、冷凍コンテナの中でマイナス20度の世界を体感できます!

天気予報では、あいにく曇りのち雨の予報がでてましたが、お時間のある方はお出かけしてはいかがでしょうか♪