屋形船でお客様に、千葉県産や群馬県産など

産地を北上しながら枝豆をお出ししてました。

秋に入って、豆の一粒が大きくなり、

茹で上がるに時間がかかるようになってきました。

長く茹でると、味は甘くても、さやの色が悪くなり困っていました。

『枝豆を終了し、キヌカツギにしましょか?』の案もありましたが、

八百屋さんの勧めで岡山産の黒まめに!

その名も≪旬感献上 黒丸びん太郎≫

一粒がさらに大きく、甘皮は薄い黒皮に包まれて、

ホクホクでとても美味しいです!!!